前へ
次へ

朝鮮の古銭買取は、割と高い理由について

日本人の中には、お隣、朝鮮半島について、文化的に劣っていると思われている人もいるかもししれません。
そのため、朝鮮半島での、古銭は価値が低いと思われている人もいるでしょう。
物事の価値観は、国民性が影響している場合もあり、古き考えに違いがあるのです。
朝鮮半島に現存する、韓国は、儒教の国として有名です。
儒教の精神は、上の物を立てる教えも強く、年配のみならず亡くなった先祖も大切にする一面があります。
つまり、故人が使用していた貨幣の価値は、日本とは違い、手にしたい朝鮮の人々は割合として日本人よりも多いのです。
韓国は、国旗でも表現されている様に、陰陽の考えが強い国です。
陰陽は、占いに通じる姿もあり、韓国の人々は運気を考える傾向が人一倍高い傾向にあります。
朝鮮半島の古銭は、運気を高める話しもある中で、古銭買取の価格に予想意外の値が付いているのです。
日本国内でも、朝鮮半島の古銭が残されている可能性も高く、価値無い物だと切り捨てず、今直ぐ古銭買取で確認してもらうのも大切ばはずです。

中国からも輸入されていた平安時代の古銭時代

古銭と言えば、江戸時代の小判などを思い浮かべる人もいるかもしれません。
古代の中国においては、貝がお金として流通していた時代もあり、歴代の中国の王朝との貿易にも貨幣は欠かせない物でもありました。
日本の平安時代においては、中国は北宋の時代でもあり、北宋で発行された貨幣が日本の古銭として残されています。
太平通宝の文字が刻印されている太平通宝は、北宋の二代皇帝時代に発行された古銭です。
皇宋通宝も北宋時代からの輸入による古銭であり、大量に日本で扱われていたとも言われています。
北宋においても、大量に生産がされており、希少価値としては余り高くはありません。
ただし、平安時代の貨幣であるため、状態が良い内容であれば、高く古銭買取されている場合もあります。
現在の日本の貨幣には、昭和や平成などの年号が刻印されているでしょう。
年号による刻印の始まりは、平安時代とも言われており、承和昌宝が始まりとされています。
承和昌宝は、質の高い古銭として数が少なく、鑑定によっては、一枚辺り5万円以上で取引されている場合もあります。
見た目は、質素であり、価値を見落としてしまう可能性もあるため、鑑定士に確認してもらうのも大切です。

Page Top